×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

◆大阪都に対する見解◆ 2011.12.20
 これまでの政府のやり方に反抗して動いているように見える大阪のリーダー達。果たして、素晴らしい未来に向かっているのか、偽りに過ぎず闇へ向かっているのか? 結論から言うと、騙しに過ぎないと考えている。他の政策はどうでもいいので、1つだけ注目した提案がある。それは18歳未満に対する性犯罪者の住所登録を義務付け、GPSで監視する?という内容だ。陰謀論に慣れている人ならば、この話だけで充分だろう。新たな大阪に何も期待してはいけない。むしろ、警戒すべきだと分かる。
 今まで権力を握っていた小悪党から、更に巧妙に支配してくる悪党に支配執行層がなり代わるだけで、支配層(大富豪)そのものは変わらず、より管理化された社会に取り込まれる危険が出てきたというのが、昨今の大阪の動きを見て感じられる。為清さんのページにもあるが、自分の生まれてくる場所を猥褻と考えるような思想が基盤となっているに過ぎない。簡潔に言えば、性を悪だと決め付けている時点で、闇でしかないのだ。管理されるのは、最初は児童への性犯罪者かも知れないが、次には性犯罪に限らず囚人や刑期を終えた犯罪者が管理され、子供や病人、老人が管理され、仕舞いには一般の大人達を管理・監視する世の中となる。この状態を支配層は望んでいるのだから、あたかも素晴らしい社会になるかのように思わせて、恐ろしい奴隷社会に対して取り掛かりを作るのが新しい大阪といえる。
 西日本が今後の日本の中心になるというのは、あながち的外れではない。ここで海外在住の支配層が現時点で大阪市という都市を自在に操ろうとしたら、まず日本の代表を操り、大阪府の代表を操り、初めて大阪市にアクセスできた。しかし、大阪都となれば、海外の支配層が直接大阪都に指令を出す事が可能となるわけだ。
 調べてみると、どうやらオバマ大統領のような政策を実施している模様。大富豪の支援で登場したオバマと同様、日本の富豪を中心にバックアップを受けて登場した市長。結局は同じ穴のムジナという奴だ。
《追記》広島で囚人脱獄があったが、わざと逃がしたのか、逃げる手はずがあったのかは分からないにせよ、あのような事件をわざと起こして「囚人にはマイクロチップを!」のように誘導するのが目的といえる。一方、減税名古屋とは協調を拒否している。減税なんてしたら、大阪市長をバックアップしている勢力が儲からないので、バックにいる連中の思想が垣間見えたといえる。
《追記》戦争や軍に関する、憲法第9条を改正するなど宣っている。日本を戦争ができる国に変えたい勢力がバックアップしていると考えられる。都知事の自衛隊を軍隊にすればいいという発言も同じ意味だ。若者の失業率は高いので、軍隊に集められる事になるだろう。第三次世界大戦の準備と考えられる。 それから、大阪市バスの運転手の給料を4割もカットという方針まで打ち出した。実際にカットされる分は4割なんて達成できないかも知れない。どちらにしても、カットされた分が大阪市民のサービスに使われる事は一切期待できない。大阪市長をバックアップしている勢力、下手すれば海外に流れるだけだ。

◆名古屋はどうよ?◆ 2012.1.16
 名古屋にも何やら救世主のような人が現れたように見える。しかし、一方ではワクチンの半額補助など、製薬会社に税金が流れる仕組みを作ってしまった。そのワクチンは市民の乳児が対象で、生まれたばかりの赤ちゃんに毒を打ち込む手助けにもなっている。多少税金が安くなりそうなだけで、実現もしていないのに騙されてはいけない。また、名古屋市で公務員として働く人のモチベーションを下げるような減給など、最終的には市民サービスの低下として現れるのだ。
《追記》南京大虐殺がなかったという話を持ち出している。確かに無かったのだろうが、そんな事を蒸し返して、中国(を支配する勢力)を不機嫌にさせ、戦争に持ち込もうとしているのではないだろうか? ちなみに、南京で起きたのは中国人による日本人の大量殺害というのが真実で、残虐に犯され殺され、写真に写っているのは日本人だという研究がある。もちろん、30万人も殺されたわけではない。考えてみれば、日本人があんな残虐な事をするはずもないではないか。


 大阪にせよ名古屋にせよ、人々が公務員(やバックに潜む勢力)の最低限の不正に気付くようになって来たので、その憤りを制御するようなリーダーをあてがって、更に騙しを強化する戦略ではないだろうか?  単純に東京がヤバくなったので、チャンスとばかりに大阪や名古屋の地主、富豪が権力を増そうと、ダミー・飾りの市長などを設定して自分の都合のいい都市に改造しようとしているだけと考えられる。そして、バックには秘密結社で知り合った海外の富豪の存在もあるのだろう。